週1FX〜きばれ初心者!テクニカル分析講座

「週1FX〜きばれ初心者!テクニカル分析講座」の最新情報

週1FX〜きばれ初心者!テクニカル分析講座.by ゴモラパパ

初心者向けテクニカル分析解説一覧【ダウ理論,移動平均線,一目均衡表,ATRなど】

新着記事
FXで年収ブレイクアウトTOP
2009/04/28

ローソク足


どもゴモラパパです\(`△´)/

今回はチャート表示の中でも、最もメジャーな“ローソク足”について解説していきます。

チャートの種類

ローソク足とは

ローソク足.gifローソク足とは……ある期間の値動きを、始値・高値・安値・終値をもとに表したもので、大きく分けて、値段の上昇を表す“陽線”と、下降を表す“陰線”とがある。この“ローソク足”の期間には、1ヵ月、1週間、1日、60分、30分、5分、1分など様々。その形が“ローソク”に似ていることから名付けられ、ローソク足は“本体”と“ヒゲ”から構成される。

 では具体的に、どのようにして“ローソク足”が形づくられるのか?を解説していきます。


陽線とは

 “陽線”とは、ある期間内において終値が始値よりも高い値段になること、つまり“上昇”を表します。この“ローソク足陽線”の値動きを表したのが次の図です。

ローソク足陽線.gif
値動きの期間( a )が、a=1分なら“1分足”、a=1日なら“日足”となる。


陰線とは

 “陰線”とは、ある期間内において、終値が始値よりも安い値段になること、つまり“下降”を表します。この“ローソク足陰線”の値動きを表したのが次の図です。

ローソク足陰線.gif
値動きの期間( a )が、a=5分なら“5分足”、a=1週間なら“週足”となる。


ローソク足の代表的な形“ヒゲ”と“十字線”

 ローソク足は、どんなテクニカル分析指標などより、最も早く相場の変化を映し出します。またそれ1本自体にも、“値動き”や“相場参加者の心理”までも表すと言われています。
 特に、大きな相場の転換時や節目などには、“ある共通したローソク足の形”がチャート上に描かれることが多く、その代表的な形に、“ヒゲ”と“十字線”というものがあります。\(;△;)/

 そこでここでは、相場の転換や節目のポイントに出現することが多い、ローソク足の代表的な形である、“ヒゲと十字線”について解説していきます。\(+△+)/

上ヒゲ・下ヒゲとは\(;△;)/

 “ヒゲ”には、上ヒゲ・下ヒゲの2つがあり、ヒゲが上に出れば“上ヒゲ”、下に出れば“下ヒゲ”です。この“ヒゲ”はローソク足でも最も重要な形と言え、次の意味があります。

上ヒゲ・下ヒゲの意味
  • 上ヒゲ……上げ止まり、上昇から下降への転換ポイント
  • 下ヒゲ……下げ止まり、下降から上昇への転換ポイント
では「なぜそう言えるのか?」、実際のローソク足をみていきます。


上げ止まりを表す“上ヒゲ”

 チャート上で、『“上ヒゲ”が出現すれば、下落のサインで“売り”』、と言われますが、では一体どうしてなのでしょう。“上ヒゲ”にも“陽線と陰線”とがあり、相場の勢いが違ってきます。では図をもとに解説していきます。

上ヒゲ陽線の場合

上ヒゲ陽線.gif

 図のように“上ヒゲ陽線”とは、始値=安値(始めが最も安い)と終値向けて確かに上昇している“陽線”ですが、単なる上げでもその実態は、右側の矢印のような

上げの後下げている

という折り返しのような値動き”をしていることがわかります。


さらにこれが陰線となると……

上ヒゲ陰線の場合

上ヒゲ陰線.gif

 図のように“上ヒゲ陰線”とは、終値=安値(終りが最も安い)と終値に向け下落している“陰線”ですが、単なる下げというよりも

上げの後下げて、これからさらに下落しそう

といった“上ヒゲ陽線”よりも、さらに強い下落のサインであることがわかります。


このような“上ヒゲ”の特徴から
ローソク足以外の要因で、相場の転換が近いと予測

それでもチャートが上昇中していく中で↑

上昇中(上部)に“上ヒゲ”が出現したら
(特に“上ヒゲ陰線”)
上げ止まりやトレンドの転換の疑いとして

売りのチャーーーーンス!!!?\(^▼^;)/


下げ止まりを表す“下ヒゲ”

 チャート上で、『“下ヒゲ”が出現すれば、上昇のサインで“買い”』、と言われますが、では一体どうしてなのでしょう。“下ヒゲ”にも“陽線と陰線”とがあり、相場の勢いが違ってきます。では図をもとに解説していきます。

下ヒゲ陰線の場合

下ヒゲ陰線.gif
図のように“下ヒゲ陰線”とは、始値=高値(始めが最も高い)と終値に向け下落している“陰線”ですが、単なる下げというより、その実態は右側の矢印のような

下げの後上げている

という“折り返しのような値動き”をしていることがわかります。


さらにこれが陽線となると……

下ヒゲ陽線の場合

下ヒゲ陽線.gif
図のように“下ヒゲ陽線”とは、終値=高値(終わりが最も高い)と終値向けて確かに上昇している“陽線”ですが、単なる上げというよりも

下げの後上げて、これからさらに上昇しそう

といった“下ヒゲ陰線”よりも、さらに強い上昇のサインであることがわかります。


このような“下ヒゲ”の特徴から
ローソク足以外の要因で、相場の転換が近いと予測

それでもチャートが下落していく中で↓

下落中(下部)に“下ヒゲ”が出現したら
(特に“下ヒゲ陽線”)
下げ止まりやトレンドの転換の疑いとして

買いのチャーーーーンス!!!?\(^▼^;)/


値動きの均衡を表す十字線\(+△+)/

 チャート上で、『“十字線”が出現すれば、売り買いの力がせめぎ合っている。』、と言われ、、この“十字線”の出現は、トレンドの転換や、それまでの値動きが一息つく押し目に入ったことを表し、その後再び、大きな値動きが出現するポイントとなる可能性があります。ではこの“十字線”を、図をもとに解説していきます。 

十字線の一例

ローソク足十字線.gif
“十字線”には図のように、とにかく始値=終値

値動きが変わっていない

状態を示します。

 図のような高値⇒安値の順で“上げて元に戻す”場合と、安値⇒高値“下げて元に戻す”がありますが、結局値が変わっていないわけです。


つまり、このような“十字線”の特徴から
それまで上昇してきた中で“十字線”が出現したら

あれっ……上昇しなかった。

それまで下落してきた中で“十字線”が出現したら

あれっ……下落しなかった。

と、どちらも勢いの変化を表していることは間違いないので

もし、チャートに“十字線”が多数出現し始めたら

ま、迷ってやがるな!!!\(+▼+)/\(+▲+)/

と捉えることができるわけです。

ローソク足のまとめ

 今回はおそろしいほど基本で当り前のことを解説してみました(笑)\(^△^;)/。ゴモラパパはチャートはメインで“平均足”と使っており、“ローソク足”はその特徴から、“1分足と日足”という、自分が使うチャートの最も短い足と長い足でのみ表示させています。

 後、ローソク足は最低限、この“ヒゲと十字線”を押さえておけば十分だと思います。それ以外にも、ロウソク足には、複数の組み合わせから、呼び名がついて売買のサインと言われるものは多数ありますが、ローソク足をメインとしてトレードする以外は、あれこれ色々な形をおぼえてチェックするのは逆効果となる場合が多いと言えます。確かに、ローソク足は単体でも“値動きや市場心理”を表しており、最も早く相場の変化を表す有効なチャートですが、その反面、ダマシも多く、それだけで売買の判断とするには十分とは言えないからです。

 もしローソク足単体で売買判断とするならば、その最も早く相場の変化を映し出す特徴を利用し、エントリーやイグジットのスピードが求められる“スキャルピング”や“経済指標発表時のニューストレード”における1分足での売買判断とするのが有効だと思います。


チャートの種類


今さらローソク足、されどローソク足に一票を\(^△^)/
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング





2009/04/24

平均足


どもゴモラパパです\(`△´)/

今回はチャート表示の中でも、ゴモラパパがメインで使っている“平均足”について解説していきます。

チャートの種類


平均足とは

平均足とは……ローソク足の計算より、“一日の平均値を重視”して修正したモノ。ローソク足よりも、ヒゲ以外の実体部分が小さく、コマに似てるため“コマ足”とも呼ばれる。
では実際に、平均足とはどんなものか、チャートを見て下さい。

平均足
平均足1.jpg

 この“平均足”を使った有名なトレーダーさんに、FX革命!の著者FXトレーダー南緒さんがいます。ゴモラパパも、実はこの、南緒さんのFX革命!を読んでから、従来の“ローソク足”や“バーチャート”から、“平均足”をメインに使うようになりました。\(^△^)/


でこの“平均足”、一般的に“トレンドがわかりやすい”と言われていますが


……


……



実は、それだけじゃないです\(@△@)/。

ズバリ、この“平均足”の特徴は実は3つあります。


平均足の3つの特徴

  1. トレンドがわかりやすい
  2. 一喜一憂しなくていい
  3. 損切りポイントを設定しやすい

平均足の特徴その1) トレンドがわかりやすい

次の2つ、ローソク足と平均足を見比べて下さい。

ローソク足
ローソク足1.jpg

平均足
平均足1.jpg
 

これは、同じ時間帯のチャートです。

見てもらうとわかるように

ローソク足よりも、平均足のほうが、値動きに一体感があると思います。

つまり、平均足は「今どちらのトレンドなのか?」わかりやすい!のが特徴です。


平均足の特徴その2) 一喜一憂しなくていい

2番目の特徴も、ローソク足と平均足を比べるとわかりやすいです。

ローソク足
ローソク足2.jpg

平均足
平均足2.jpg

これも、同じ時簡帯のチャートです。

 チャート上に“移動平均線”を一本追加していますが、仮にこの“移動平均線”を判断基準として、図の★のポイントで【買いエントリー】して、その後★のポイントで【利食い】をするとします。

 ローソク足の場合、“ローソク足”自体のもつ特徴から、いくつも陰線が出現し、また赤〇のポイントでは、下落の可能性が少し見えるのに対し、平均足では、★利食いポイントまで、陰線自体もたった1か所と、特に目立った下落の可能性が出ていません。

 確かにどの程度で下落の可能性、と判断するかは色々ありますが、少なくともこの場合、“ローソク足”をじーっと見てトレードするよりも、“平均足”のほうが、★の利食いポイントまで、しっかり利を伸ばすことができそうではないですか!!?\(^△^)/。


つまり、“ローソク足”のほうが細かな値動きを知ることができる分

その形に一喜一憂してしまい、我慢できずに利食いしてしまう(値を伸ばせない)

といったことが考えられます。

その点でも、“平均足”なら、あまり一喜一憂せず、精神的にも楽だと思います\(^△^)/。


平均足の特徴その3) 損切りポイントを設定しやすい

3番目の特徴は、大きなトレンド相場に有効です。同じく先ほどの図ですが

平均足のアップトレンド
平均足アップトレンド1.jpg

アップトレンドが形成されていますが、そのアップトレンドに注目すると

アップトレンドズーム
平均足アップトレンド2.jpg

このように、“平均足”では、しっかりとしたアップトレンド中は、必ずと言っていいほど、直前の足の安値を切り上げて、階段のように上昇しています。


仮に、アップトレンドを想定して買いエントリーすると

エントリー後、しっかりとトレンドに乗ることができたなら
エントリー時点から、そのつど出現する次の“平均足”の安値を下回らず上昇する

こうしたチャートを描くことが多いです\(^△^)/。



このトレンド中の“平均足”の特徴を、損切りの設定にうまく利用することができます。それは……

エントリー後、そのつど出現する“平均足”の高値安値の上下に
損切りをトレールしていく

とい方法です。


具体的には

平均足でトレール注文
平均足でトレール注文.jpg

このように
  • @のエントリー時点では、損切り@のポイントにストップロス!
  • 次の平均足Aの出現で、Aの損切りポイントにストップロス!
  • その後上昇に応じて、損切りをトレールしていく

と言う具合に“平均足”は、損切りをトレールして引き上げる方法がとりやすい、というメリットがあります。

※ただしここでの“トレール注文”とは、一般的な自動トレール注文でなく、次々に出現する平均足の安値(高値)を自分で確認して、手動で損切りポイントをズラしていくことになります。\(゜△゜ )/


以上、チャート表示もさまざまな特徴があります。何となくチャートのデフォルト設定の“ローソク足”を使うのではなく、それぞれの特徴をしっかり理解して、そのなかで自分なりに使いやすいモノを選ぶことが大事だと思います。


チャートの種類


参考になればポチっとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング





2009/04/24

祝サイト訪問者1万人突破!!!


どもゴモラパパです\(^△^)/

今回もトレードに全く関係のない話で申し訳ないですが



実は


……


……


『ゴモラパパの年収ブレイクアウト』へのサイト訪問者が

1万人を突破しましたぁぁぁーーーーー!!!



本当にありがとうございます。\(`△´)/



実際は1万人も訪れた!というわけではなく
(1万人なら、1人1回しか見ていない計算なので)

これはもう、何度か足を運んでくださった方の存在が大きいです(号泣)。

それが、とにかくそれがうれしいです\(T△T)/



やはり

1万人に1回ずつ訪れてもらうよりも
1人に1万回訪れてもらうほうが

うれしいじゃないですかぁ……まぁさすがに1人は怖いかもしれませんが\(^△^;)/



とにかくそう思うと

何だか好き勝手なこと書いてきて今さらですが

もう少しわかりやすい言い方あるんじゃないか!?
トレードの負けっぷりより、やっぱスマートに勝ってるところ公開したかったなぁ

と、申し訳ないような、恥ずかしいような……\(*^△^*)/

そんな気持ちがあります。



なので、今後は

もっと今より少しでもわかりやすく
スマートに勝つところ

をお見せしたいと思います。\(^△^)/



これからも、日々の日記に関しては、一気に修正もせず書きあげておりますが

トレードの手法やテクニカルの解説については

少しでも、「こう書いた方が伝わるかな!?」、といったところがあれば

ガンガン修正して、よりわかりやすい内容にしていこうと思います。



以上、今のところ『祝1万人突破記念』の特別な何か……?思いつくアイデアもキャパもないもんで(苦笑)

とりあえず“感謝”の気持ちのまま、この記事は書き終えたいと思います。\(`△´)/



みなさんといっしょに
Let's 年収ブレイクアウトぉーーー!プラス



2万人にむけて応援お願いします(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング



タグ:FX日記


2009/04/21

もうすぐ訪問者1万人突破


どもゴモラパパです\(`△´)/

ただいま帰宅して、ブログを開いてみると……


……


……


な、なんと訪問者数が残り10人で記念すべき1万人に!!!\(^△^)/


祝1万人突破記念として……

……

……


特典など、何もございませんが(苦笑)

……

……

本当に心から嬉しいです。

とにかく

より一層、丁寧でわかりやすくストレートな記事を書いていきたいと思います。

……

……

1万人突破記念に何か考えます\(^△^;)/

……


と、書いている間に1万人突破しそうなので、この辺で


にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング



タグ:FX日記


2009/04/17

ゴモラパパの基本手法〜ルール編


どもゴモラパパです\(`△´)/
今回は、ゴモラパパのFXトレードすべてにおける“基本”の部分について、3部作のうち“ルール編”の解説していきます。

ゴモラパパの基本手法
  1. メンタル編
  2. リスクコントロール編
  3. ルール編

ルールとは

この“ルール”、一般的な言い方はさまざまで、例えば
手法、トレード法、テクニック、システム、メソッド……etc
こんな感じでしょうか


 この“ルール”は、千差万別、世にいる“トレーダー”の数と同じ数だけ“ルール”があると言えます。つまり

“メンタル”と“リスクコントロール”については
全てのトレーダーにとって共通する重要な面があるが

“ルール”に関しては
ある意味、何でもあり状態♪

と、言えます。

“ルール”における重要なこと

じゃあ“ルール”は、何でもありなら、トレードにおいて全く重要ではないのか!?というと、そうではありません。厳密にいえば

“ルール”の内容は千差万別で、それ自体重要ではない!

ということです。


じゃあ、内容でなく“ルール”の何が重要なのか?……ですが
それは次の二つだと思います。\(`▲´)/

  1. “ルール”を守ること
  2. “ルール”を破ること

1.“ルール”を守ること\(`△´)/

トレード“ルール”は、どんなものでもいいですが、とにかく自分の“ルール”を守ることが重要です。

「テクニカル指標は何を使い、どんな設定にするのか?」
「どんなテクニカルを組み合わせ、どういった見方でエントリーサインとするのか?」

そんなことより

最終的に自分が決めた“ルール”に、どれだけ守れるか?
“ルール”を守るために、何をすればいいのか?

つまり、“ルール厳守”に力を注ぐことが大事だというわけです。そのためには、“ルール”を複雑化するよりも、シンプルにより明確にしていく作業が必要になってきます。


2.“ルール”を破ること\(・▲・)/

“ルール”を守るの正反対、破ることも重要だ!とゴモラパパは思います。何だか矛盾しているようですが、ここで言う、“ルール”を破るとは
“ルールを破る”……テクニカルやその他、自身で決めたトレード“ルール”からのサインを無視して、自分の“相場観”を頼りにする。
つまり

時に“相場観”でトレードすることも大事だ!!!ということです。\(`▲´)/

 “相場観”とは、単にチャートをパッと見て、何となく感じる、“第六感”のようなモノです。そんなモノを重要視すること自体、どうか!?といった向きもあるかもしれませんが、ゴモラパパは、『明確な“ルール”を厳守すること』、と相反する『フィーリングとでも言うような“相場観”』、との絶妙なハーモニーこそが、自分独自の一つの“ルール”として、成り立つ理想形だと考えています。が、しかしこの二つのバランスの見極めが、非常に難しいと感じています\(@▲@;)/。


チャートをパッと見て、何となく感じる
第六感またはフィーリング……

こう書くと“相場観”がいかにも、曖昧なもののように思われるかもしれませんが、決して曖昧なものではありません。むしろ、かなりハッキリした、明確なものと言えるのではないでしょうか。

なぜなら

そもそも“相場観”とは、トレード経験そのものだからです。

 これは、真摯に相場と向き合い、少しずつ少しずつ、自分の大切な自己資金を相場にさらすことで、身につけてきた集大成です。確かに“トレード経験”の浅いうちは、非常に不明確で、曖昧なモノでしょうが、“トレード経験”を積めば積むほど、明確でかつ信頼に足るモノになるはずです。

また、ゴモラパパは

“相場眼”とは、そのいかなるセンスの持ち主をも
経験をたくさん積んだ者(相場と向き合った時間の長さ)が凌駕する

と考えています。ですから、どんな人でも真剣にFXに向き合っていれば、手に入れることができる、自分だけの

“オンリーワン・ルール”\(^△^)/♪

と言えます。


“ルール”を守ると破るのバランス

先にも書きましたが

“ルール”通りにトレードする
“ルール”を無視して“相場観”でトレードする

このバランスがとても難しいと思います\(@▲@;)/。

 ここまで書いておいて、今さらですが、FXを始めて間もない頃や、負けが混んでいる時期には、“相場観”でのトレードは、絶対に避けるべきだと思います。\(`▲´;)/

 これは経験則からですが、“相場観”というものは、勝ってるときは、自分でも驚くほどに、相場を言い当てることができ、相場が手に取るようにわかるものですが、負けが込んでいるような時期には、“相場観”でトレードすることは、それが当たろうと、ハズれようと、どちらもその後のトレードにいい影響をもたらし難いです。
 ですから、自分の“相場観”に自信がない、また現在負けているようなら、まずは

“ルール”を守って、守って、守り抜く!

ここからスタートするべきだと思います。


以上が、ゴモラパパの基本手法〜ルール編です。


ゴモラパパの基本手法
  1. メンタル編
  2. リスクコントロール編
  3. ルール編

オンリーワン・“クリック”お願いします\(^△^)/♪
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング





2009/04/17

ゴモラパパの基本手法〜リスクコントロール編


どもゴモラパパです\(`△´)/
今回は、ゴモラパパのFXトレードすべてにおける“基本”の部分について、3部作のうち“リスクコントロール編”の解説していきます。

ゴモラパパの基本手法
  1. メンタル編
  2. リスクコントロール編
  3. ルール編

リスクコントロールとは

この“リスクコントロール”、一般的な言い方はさまざまで、例えば
リスクマネジメント、リスクヘッジ、資金管理、損失マネジメント、損切り
こんな感じでしょうか。


 この“リスクコントロール”、『やれ資金管理だ!、損切りだ!』、といたる所で叫ばれているので、誰しも、それがトレードにおいて重要なことである、ということは、いやでも感じているはずです。

 確かに、トレード運用成績といった、資金増減の推移や獲得pips、また勝率などを履歴として記録することも、資金管理であり、ひいては“リスクコントロール”につながりますが、それよりもまず

1回のトレードにおける“リスクコントロール”こそが大切です\(`△´)/


1回のトレードにおける“リスクコントロール”とは

 1年の資金管理も1か月、1か月の資金管理も1週間、1週間のそれも、日々の積み重ねであり、1日の資金管理も、たった1回のトレードから始まります。『千里の道も一歩から』、というわけです。\(`△´)/

では、「1回のトレードにおける、“リスクコントロール”とは?」


ここでは、“リスクコントロール”という視点で、具体的に1回のトレードの流れ1〜5を、順番に解説していきます。
  1. “エントリーすべきか?”を決定する
  2. “損失額”を決定する
  3. “損切りポイント”を決定する
  4. “エントリー枚数”を決定する
  5. “利食い幅”を決定する

1.“エントリーすべきか?”を決定する

 この1回のエントリーによる

「リスクをとるべきかどうか?」
「それに見合ったリターンが期待できるのか?」

無駄なエントリーを省いていくことも“リスクコントロール”になります。


2.“損失額”を決定する

 1回のトレードにおける“最大損失額”を、エントリーする前にあらかじめ決めておきます。決して【4.エントリー枚数】から逆算して、この“損失額”を決定してはいけません。
1回のトレードにおける“最大損失額”=1回のトレードにおける損失許容額
損失額を許容できるからこそ、リスクをコントロールしていることになります。ここで、1回のトレードの損失額が許容範囲なのか?を考えるためには、必然的に1日の許容損失額を想定することなります。

 リスクコントロールにおいて、ここが最も重要なポイントです。この“損失額”を、きちんと設定して、それをとにかくどんなことがあっても守る!、これができれば、トレードの他でいくら失敗しようとも、想定以上の負けが起こることもなく、ひとまず“リスクはコントロール”できていることになります。

 また、具体的な損失額の目安ですが
1回のトレードで、総資金の1〜2%、
1日のトレードで、総資金の3〜5%
あたりを参考にするのがいいと思います。つまり、それ以上の損失額、リスクをとっている場合、急激に資金を失う覚悟をすべきだと思います。


3.“損切りポイント”を決定する

1回のトレードにおける“損失額”を決めたら、次に“損切りポイント”を決めます。損切りポイントの決め方は、色々ありますが、理想は
理想的な“損切りポイント”とは……自分のトレードルールから想定した値動きのシナリオ(エントリーシナリオ)が、明らかに崩れたとするポイント

 まず、先に決めた“損失額”などを一度忘れて、これからエントリーする自分のシナリオ(ポジション)は、チャート上で、どのポイント(レート)に来たら、間違っていた!と判断するかを決定するわけです。

 このように、“損切り”の決定とは、エントリーした後に、「あれ!?」と思うポイントを、エントリーする前にチャート上に明確にしておく作業になります。


4.“エントリー枚数”を決定する

エントリー枚数はどうやって導き出すのか?……これは

エントリー枚数=損失額と損切り幅(ポイント)から逆算


具体的に、1回のトレードにおける“リスクコントロール”のこれまでの流れにそって解説します。
〜“エントリー枚数”の決定方法〜

1.“エントリーすべきか?”を決定する

(エントリーしよう!)


2.“損失額”を決定する
(最大5,000円まで)


3.“損切りポイント”を決定する
(エントリーレートより、マイナス50pipsのところ)


4.“エントリー枚数”を決定する
(マイナス50pipsで、5,000円の損失となるのは……1万通貨だ!)


5.“利食い幅”を決定する
下記にて


5.“利食い幅”を決定する

 “リスクコントロール”の最後は“利食い”です。この“利食い”がうまくできないと、それまでの“リスクコントロール”の労力が無駄になります。ここがもっとも難しいポイントです\(@△@;)/。

 よく『損小利大』、といった言葉がありますが、『漠然と損失を小さく、利益を大きく』、トレードしていたのでは、ダメです。ある程度、明確に利益をどの程度伸ばす必要があるのか、を知っておく必要があると思います。ただし、ここが重要なとこですが、『ある程度必要な利益幅のイメージをもちつつも、実際の利食いはそれにとらわれないこと!』、が大事となります。なぜならば……

損切り(損失)は、いくらいくらと、前もって自分で明確にコントロールできるが
利食い(利益)は、いくらと、前もって自分では明確にできない

要するに

◎損失は自分次第、利益は相場次第

このスタンスが大切です\(`△´)/。

 しかしながら、実際のトレードでは、全く逆の

×損失は相場次第、利益は自分次第

のスタンスでトレードしてしまいがちになり、そうすると確実にトータルで負けることになります\(T△T)/。

 含み益が出るとすぐに確定してしまう気持ちは、痛いほどわかります\(^△^;)/。が、明確な利食いのサインが相場から出るまでは、しっかりとポジションをキープすることが大事です。これは口で言うのは簡単ですが、実際は精神的にとても難しいことです(冷汗)。

 そこで、ある程度、自身のトレードにおける“勝率とのバランス”から、トータルで勝つために必要な、1回のトレードで狙うべき“利益幅”を決めておきます。そうすることで、少しでも無意味な“利食い”を避けることができると思います。


 この1回で狙う“利益幅”は、1回のトレードにおける“損失額”と、“勝率”のバランスから、導きだすことができるはずです。つまり、そのためには“勝率”に関しても、把握しておく必要が出てきます。トレードの勝率は、最低でも100回のサンプルはほしいところです。



以上が、ゴモラパパの基本手法〜リスクコントロール編です。


ゴモラパパの基本手法
  1. メンタル編
  2. リスクコントロール編
  3. ルール編

ブログを書くのは自分次第♪
応援するのはあなた次第\(^△-)/
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング





2009/04/17

ゴモラパパの基本手法〜メンタル編


どもゴモラパパです\(`△´)/
今回は、ゴモラパパのFXトレードすべてにおける“基本”の部分について、3部作のうち、最も重要な“メンタル編”の解説していきます。

ゴモラパパの基本手法
  1. メンタル編
  2. リスクコントロール編
  3. ルール編

ゴモラパパのトレードの基本

 ゴモラパパは

「トレードで最も重要なものは何か?」

と聞かれれば、迷わず

「“メンタルとリスクコントロール”だ!\(`△´)/」


と答えます。(少し言い回し変えました。以前は「“マインドとエントリーだ!”」 )

具体的なトレード手法や、経済の知識や固有のFX商材といった“ルール”などでは決してないと思っています。それはトレードで負け続けたなかでも痛感してきたことです。


つまり、トレードの基本は
  1. マインド、一般的な言い方でいわゆる“メンタル”
  2. エントリー、いわゆる“リスクコントロール”
  3. その後にトレード手法などの“ルール”
というわけです。


では、もっとも重要な“メンタル”についてお話しします。


メンタルとは

 この“メンタル”、いたるところで、その重要性が言われていますが、そのほとんどが、「メンタルはトレードにおいて重要です!」、こうした単なるフレーズのみで、「メンタルとは〇〇〇で、それが△△△で、だから、こうだぁーーーー!!!」みたいな、具体的な解説は、ほとんど見かけません。
 ハッキリ言っておきますが、この“メンタル”、スパッと言葉でうまく説明できるような代物じゃあございません!!!。一冊の書籍や、定期購読のメールなどでもない限り、言葉で説明するには限界があります。
 
注意;ここでは、「“メンタル”とは何なのか?」を解説するのではなく、「“メンタル”はトレードにおいて重要ですよ!」、というこの一言を、回りくどく長々と書き綴っているに過ぎないことをご了承ください\(`△´;)/。


この“メンタル”、一般的な言い方はさまざまで、例えば
投資マインド、メンタリティ、メンタル、精神、心理、こころ
こんな感じです。より具体的に言い表すなら

メンタルがダメなケース

@ 「とりあえず…えーーーーぃ!!!」……注文クリック\(`△´)/

A 「ヤベッ、乗り遅れる…やぁーー!!!」……注文クリック\(`△´)/

B 「あ・が・れ、あ・が・れっ!!!」……必死の形相\(@△@;)/

C 「チクショォー!!!このヤロー」……注文クリック\(T△T;)/

D 「どうせ負けるんだろぉ〜う……」……注文クリック\( 一△一)/

D 「……だ、だいじょぶだよネ」……損切り躊躇\(@▲@;)/



メンタルがコントロールできているケース


@ 「サインが出たから…ポチっと」……注文クリック\(・△・)/

以上


では、「この“メンタル”が、ゴモラパパのトレードにおいて、どれくらい重要か?」、を
トレードの基本の残り2つ、“リスクコントロール”と“ルール”とで比較してみます。\(@△@)/


トレードの結果への影響
メンタル : リスクコントロール : ルール=60% : 30% : 10%

身につけるまでかかる時間
メンタル : リスクコントロール : ルール=5 : 4 : 1


これはあくまでゴモラパパの経験則から、おおよその割合を示したものですが
おそらく、これはトレーダー誰しも同じようなものではないかと思います。


メンタルの重要性に気づく……

いきなりですが、『FXにおける真実!?の話』と『FXの例え話』、この2つを紹介します。

『FXのおける真実!?の話』\(・△・)/

FXでの勝つ人負ける人の割合
勝つ人 : 負ける人=5% : 95%
 正確なデータに基づく数字と言うわけではありませんが、大体投資の市場で勝ち残る人は、市場参加者の2割程度と言われています(FX会社の顧客資金の推移などから)。これは一般投資家だけではなく、機関投資家やファンドなども含まれているので、一個人が、5年10年と、勝ち続けるとなると、5%というのは、妥当な数字ではと思います\(`△´)/。こうした背景から、

FXについて、“市場参加者の95%”に、通用する(言われている)“一般的な常識”は
FXで勝つ側“残り5%”の“常識”と必ずしも同じでない

このことが容易に想像できます。つまり、当り前だと思っていることが、実はそうじゃない……言い換えれば

95%の人は、今もなお誤解したままである……(私も含め\(`△´;)/)


そして、次は


『FXの例え話』\(・△・)/

ここに、素晴らしい手法=“ルール”を確立した、カリスマ常勝トレーダーのAさんがいます。そして、このAさんをお手本にしようと、一般の100人のトレーダーさんがいるとします。

ではいきなり問題です。\(@△@)/

【問題】 ここで、100人のトレーダーさんのうち95人まで、Aさんの“あるモノ”をお手本としました、それは一体何でしょうか?


A) ルール
95人が、Aさんの“ルール”をお手本に勉強した。そして、残りの5人だけが、“メンタル”をお手本にした。

B) メンタル
95人が、Aさんの“メンタル”をお手本に勉強した。そして、残りの5人だけが、“ルール”をお手本にした。

C) 人柄
95人が、Aさんの“人柄”をお手本に勉強した。そして、残りの5人だけが、“ルール”をお手本にした。

……

おそらく現実は、A)の95人が“ルール”を参考にする、そういった状況になるでしょう。なので

正解は、A) ルール

95%の人は、トレードの“ルール”に焦点をあててしまう\(T△T)/



メンタルが重要だ!と気づく……だけじゃダメ\(・△・)/

 トレード経験をするうちに、遅かれ早かれ、“メンタル”の重要性に気づくものです。そこで

メンタル>ルール

それほど“メンタル”は重要だ!ということに気づく人は多いようです。事実、多くの常勝トレーダーさんが、このことを強く唱えています。

 で、先ほどの『FXの例え話』に戻り、またまた質問ですが

【質問】 95%の人が、トレードの“ルール”に焦点をあててしまうなかで、じゃあ、残りのたった5%の人しか、メンタル>ルールと、考えていなかったのでしょうか?。

……

……


おそらくその答えはノーです。\(・△・)/

どういうことか、つまり

メンタル>ルールだ!と気づきながらも
やっぱり“ルール”に焦点をあててしまう人がたくさんいる。


 このことがいかにマズイか!……最終的に“ルール”に走って、“メンタル”や“リスクコントロール”をないがしろにした、ゴモラパパ自身が痛感していることです……\(T△T)/。

 また、FXブログなどネット上だけでも、ゴモラパパも含め、メンタルの重要性に気づいているトレーダーさんはたくさんいます。が……残念ながら、その人たちすべてが、イコール勝つトレーダーさんでないことが、いかにメンタルが、その重要性に気づくだけではダメだ!ということの証明とも言えるでしょう。


メンタルを身につけるには、メンタルの重要性に気づくだけではダメでチュ\(・△・)/


メンタルの重要性に気づき、それを身につける

 “メンタル”の重要性に気づいたら、“メンタル”を実際に身につけるアクションを起こしましょう。ここでは、今まで、ゴモラパパが実際に読んだり、体験して、『投資についての考えや、メンタルという、いわゆる目に見えないモノが成長した!』、と実感できたかつ、利益に結びついたモノだけ紹介しておきます。



メンタルが身に付くかはあなた次第

 ここまで書いてきた“メンタル”についての内容や、紹介したFXに関する書籍などから、「メンタルとは何ぞや!」ということを、真剣に学んだとしても、正直それだけでは、“メンタル”が身につくことはないでしょう。本当の意味で“メンタル”を身につけるには、“あるモノ”が必要です。\(`△´)/

 ズバリそれは、あなた自身が、「“メンタル”を本当に重要だ!」と心の底から実感することです。これなくして“メンタル”が身につくことはありません。そのためには、この『ゴモラパパの基本手法〜メンタル編』の記事を読むよりも、リアルトレードでメンタルが崩れ、一度でも、とんでもなく痛い目\(T△T)/をみることのほうが、メンタルの重要さを理解できると思います。


メンタルを“洗う”方法

 最後に一つ、この“メンタル”について、視点を変えた考えです。

日々、マーケットに向き合う“トレーダーのこころ”は、そこから

欲望、歓喜、期待、孤独、絶望、挫折、自己否定


と、いったあらゆる感情を背負って帰ってきます。

『メンタリティを鍛えろ!』
『いかに感情をコントロールするか、が勝負の分かれ目だ!』

 確かに、こうした様々な感情や、メンタルな部分をうまくコントロールして、一日を乗り切ることが理想です。そのためには、ここまでに挙げたように、メンタルを学び、身につけることも大切です。


 でも、ブログをはじめ、読者の方からコメント頂いて、ゴモラパパ自身気づかされたことがあります。\(@▲@)/それは

“メンタルを身につける”でなく
“メンタルをフレッシュにする”!


 ゴモラパパ自身、1日のトレードの後、このブログの読者の方から頂いたコメントで、その日マーケットから背負って帰ってきていた

欲望、歓喜、期待、孤独、絶望、挫折、自己否定

と、いったあらゆる感情が洗い流され、次の日も頑張ろう!とよりフレッシュな“こころ”で、トレードと向き合えることができました。最終的に、結果トレード休業となっていますが、こうした温かいコメントなどがなければ、もっと早くに退場となっていたでしょう。

そのことからも、今最近になってこの“メンタル”について思うことは

『今の自分より30%UPのメンタリティの力を手に入れるのでなく
元々持っている自分のメンタリティを100%発揮できるようにする』



 確かに“メンタル”を身につける”には、それなりの経験、時間といったものが必要ですが、“メンタルをフレッシュにする”ことなら、誰だって今日明日にでも可能なはずです。トレードを止めて、今日はDVDでも観て号泣する\(T△T)/。こんなのもありだと思います。しかも、すぐに成果が期待できます。

 トレードしていると、パソコンとにらめっこ状態で、周りが見えていないモノです。もしあなたが、「勝つ側の“メンタル”を身につけなければ……」。そんな気持ちに、今まさになっているなら、少し顔を上げて、周りを見回してみましょう。“メンタル”を身につける前に、この“メンタル”をフレッシュにして、トレードで疲れている“こころ”で洗い流す方法を模索することも大切ではないでしょうか。\(`△´)/
トレーダーの“こころ”を洗濯し候
by ゴモラパパ


以上、ゴモラパパの基本手法〜メンタル編です。


ゴモラパパの基本手法
  1. メンタル編
  2. リスクコントロール編
  3. ルール編

ゴモラパパの“こころの洗濯”に、応援ポチっとお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング





2009/04/16

お恥ずかしい話ですが……


どもゴモラパパです\(`△´)/
GOOD MO  グッドモーニング!!! 綴りに自信がないので日本語で(苦笑)


初心に戻って、トレードの見直しや履歴関連のメンテナンスなども一段落して

ようやくブログに手をつけられるようになり

少しずつを細かなところからリニューアルしているのですが

ここにきて、とんでもない!ことが判明しました!!!\(@△@)/


「なぜゴモラパパがトレードで資金を吹っ飛ばしてしまったか?」
「専業トレーダーとして年収ブレイクアウトできなかったのか?」

その原因を突き止めたんです!!!

それの原因を、ここで発表したいと思います。……それは

……

……


な、なんと


これです。
↓↓↓
ゴモラパパ画像.jpg

そう

当サイトのトップページのメインメニューの画像です。


……


えっ、冗談かって……


いや、真剣です\(`△´)/


間違いなく、今回トレーダー廃業に追い込まれた原因は、この画像にあります。

もう一度じーーっり見て下さい。

ゴモラパパ画像.jpg

……

わかりましたか!?

ヒント、ゴモラパパは片言の英語しか喋れません♪\(+△+)/


おそらく、以前からこれに気づいている読者の方いると思いますが


図の

Les't 年収ブレイクアウト!

Les't ……レッツ、、、レスツゥ!???


Let'sだろう!!!どんな初歩的な間違いしとんじゃい\(@△@;)/


Les't レスツゥ 年収ブレイクアウト!
これじゃぁ、年収ブレイクアウトできんのもしょーがない(苦笑)


つまり、すでにブログ立ち上げ当初から
年収ブレイクアウトすることは不可能だったわけです(涙)。


なので、修正して新しくしました。
それがこちら
↓↓↓
ゴモラパパ画像1.jpg


フゥ―――\(`。´)/ あぶないあぶない

こうゆうのって意外と大事だったりしますよねぇ


ちなみに気づいていた方いますか?


少しずつリニューアルしております。
年収ブレイクアウトに応援よろしくお願いします
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング



タグ:FX日記


2009/04/13

サイバーエージェントFXのキャンペーンで悩む


どもゴモラパパです\(`△´)/
ちょっと今日は、日記でもテクニカルの解説でもなく、FX口座の記事を少し書いてみようと思います。

ゴモラパパはこれまで色々なFX口座を使ってきましたが
ここ最近は、サイバーエージェントFXでトレードしてました。

サイバーエージェントFX.jpg


実は、このサイバーエージェントFX
トレーディングシステムズや外為オンラインといった、生粋のデイトレードやスキャルピング向きのFX口座ではないのですが

ドル円スプ1銭で、約定も結構いいし
サブ機能の小型アプリ『サイモ』の使い勝手が気に入っており
メイン口座としてトレードしてました。


で、ここ最近トレードお休みしているなか
このサイバーエージェントFXのホームページをのぞいた際

とってもお得なキャンペーンを開催中で
個人的にそのキャンペーンに参加しようか、どうしようか?

リアルに悩んでおります\(`△´;)/。


そのとってもお得なキャンペーンとはこちら
↓↓↓
サイバーエージェントFXのキ.jpg


……

どうですか!?

ミニノートパソコンが、も、もられるだとぉーーーー!!!!

しかも、もらえるパソコンは3タイプ

サイバーエージェントFXpc.jpg


ゴモラパパ愛用しているDELLのパソコンの
ミニもあるじゃねぇーーかぁ

……


ほ、ほしい……\(@△@;)/



実は、ゴモラパパは“タダで貰える”というフレーズに大変弱いです。\(`△´;)/


タダほど高くつくものはない!なんて言いますが

もちろん、高くつくものもありますが
最近のご時世、特にインターンネット上では無料で得られるメリットはかなり大きいです。

たとえば
  • このブログサービスも無料のseesaaです
  • メインチャートはもちろん無料で使えるメタトレーダー(MT)とチャートトレーダー(CT)
  • ネットを閲覧するブラウザはもちろん無料のfirefox
  • 無料セキュリティソフトのavast!4

などなど……。
と、少し話がそれましたが

とにかくこの、サイバーエージェントFXのキャンペーンでもらえる
パソコンのスペックは1GBと、メインパソコンとしては、物足りないかもしれませんが

なんせ無料、ただですから。


ちなみにゴモラパパはメインパソコンも1GBです。


ただーーし、これほどのうまい話には裏があります。
そんな恐ろしい話ではないですが、そのあたりキチンとチェックする必要があります。


今回のサイバーエージェントFXのパソコンプレゼントキャンペーンは

  • 口座を持っていない方も、期間内に口座開設すれば対象です
  • ゴモラパパのように、すでに口座を持っている方も対象です

が、無料でパソコンをもらうには“ある条件”があります。

簡単に言うと

サイバーエージェントFXの口座を持っていない方
  • サイバーエージェントFXの新規口座開設
  • イーモバイルとのプロバイダ契約

サイバーエージェントFXの口座をすでに持っている方
  • イーモバイルとのプロバイダ契約

これが必要になってきます。


イーモバイル……

……


……



それっていったい何だ?と言う方に
イーモバイルとは、要するにプロバイダのようなモノです。通信方法も、ADSLや光回線とは違い、携帯電話のように、場所を選ばない通信方法です。くわしくは>>イーモバイル公式ホームページへ

要するに、パソコンはタダであげるけど
そのパソコンを使ってインターネットするのは、イーモバイルさん経由でしてね!

という話です。


また、どうやら契約プランも決められているみたいで
加入後、大体月額3,000円以上は最低でもかかるようです。

まぁ、これはインターネットできるパソコンを一台増やすわけですから
当り前ですが……。


また、さらにパソコンだけもらっちゃえ!なんてよからぬことを考えないように

イーモバイルさんが定める期間内に、契約を途中で解約すると

罰金が取られちゃいます


つまり、登録して、パソコンが手に入ったら、プロバイダをすぐに解約
なんてことはできないようになっています(これも、まぁ当り前です)。


また、このキャンペーンでもらえるPCですが
パソコンのスペックは、1GBで、携帯用パソコンとしては十分だと思いますし、しかもイーモバイルは、光通信やADSLと違って、コードいらずで自宅以外でも、ネットが可能です(電波状況にもよりますが)。


正直、これまで、FX口座のキャンペーンに魅かれて、口座開設した!なんてことはないですし、そんなのでFX口座を選ぶのはよくないと思っていますが、今回のサイバーエージェントFXは、ゴモラパパのメイン口座でもあり、また使いやすさと基本性能はしっかりしているので、初心者の方にはおすすめできます。


イーモバイルとしてのパソコンも
持ち運びや外出先で利用できるという点で
2台目の携帯用パソコンとして

とーーーーってもほしい\(`△´)/

……


……


が、月々のインターネット使用料……残念ながら、ゴモラパパにとって


この3千円が、現在の生活では払えません。
なんたってトレードで生活ボロボロですからぁ〜\(T△T)/。


今は懸命に生活を立て直し、Reスタートをはかっていますので
なるべく倹約、倹約です。


ただし、このサイバーエージェントFXのキャンペーンは6月30日までなので
それまでに少しでも、生活のめどが立てば

この2台目のパソコンゲットしてやろう!と思っています。


以上、今回のキャンペーンに興味ある方はこちら>>サイバーエージェント公式ホームページ



日々のトレードお休み中のため、書くネタがトボしくなってきますが
みなさんの応援、本当に励みになります\(`△´)/。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング



タグ:FX口座


2009/04/07

トレードダイエットぉーーー\(T△T)/!!!


どもゴモラパパです\(`△´)/
またまた、久々の投稿です。

まだ少し本格的にトレードするには、時間がかかりそうですが
ブログをメンテナンスしがてら、少し記事を書こうと思います。


最近は一日で一度もチャートを見ない日がよくあります(苦笑)。

ネットは毎日つなげているので、FXツールバーでレートの値動きは確認していますが
リアルタイムのチャートはあまり見ていません。

ようやく、ドル円が100円の大台にのってきましたが、今日は少し戻しているみたいですね。
ポンド円も150円の大台にのったと思いきや、146円台まで下落と、こちらも相変わらずの値動きを見せているようです。


と、ここまでブログを書いてみて、やはり以前の切羽詰まったなかでもトレードの日々とは
精神的にもずいぶん違うと、我ながら実感しております\(`△´;)/

ほんと、休むも相場!ですね

この際しっかりと下準備をして、今回の負けを無駄にすることなく、再チャレンジしたいと思っています。


また、今まで使ってきたテクニカル指標なども見直してみて感じることは
負ければ負けるほど、いろいろと複雑な使い方を取り入れている、ということです。

無駄を極力省き、基本に立ちかえる

これは、何もトレードに限ったことではなく
結局人生そのもののような気がします\(`△´)/


……


と、悟ったような口きいておりますが(苦笑)

とにかく、少しずつこの“たるんだお腹”も含め\(T△T)/

無駄をそぎ落として行きたいと思います。


ゴモラパパのトレード&ダイエットに応援お願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ポプログ人気fxブログランキング FXブログ人気ランキング



タグ:FX日記


キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。