一目均衡表おまけ(1)〜雲とは

「一目均衡表おまけ(1)〜雲とは」のトピックス

週1FX〜きばれ初心者!テクニカル分析講座

初心者向けテクニカル分析解説一覧【ダウ理論,移動平均線,一目均衡表,ATRなど】

注目!のキャンペーン
FX投資の必勝法
キャンペーン人気ブログランキング堂々1位松下誠氏の投資セミナーを収録した“無料DVD12本セット”をプレゼント!。また祝!DVD1万人突破記念!9800円相当の“FX動画マニュアル”もプレゼント中!
FXで年収ブレイクアウトTOP > テクニカル分析 > 一目均衡表おまけ(1)〜雲とは
2009/06/24

一目均衡表おまけ(1)〜雲とは

どもゴモラパパです\(`△´)/

今回は、かなり以前に解説していた一目均衡表について、そのおまけ的解説となります。
一目均衡表の解説を読まれていない方は、そちらを先に読んでから参考にして下さい。
  1. 一目均衡表(1)
  2. 一目均衡表(2)
  3. 一目均衡表おまけ(1)〜雲とは
  4. 一目均衡表おまけ(2)〜雲の種類

このおまけ解説は、実際に一目均衡表を使い始めたばかりの一目均衡表初心者向けの内容で、ズバリ一目均衡表の最大の特徴とも言える“雲”についての解説です

一目均衡表の“雲”とは何ぞや!???


一目均衡表の雲は、チャート上で一目で目につくポイントでしょう。
一目均衡表.gif


先の一目均衡表(1)の解説では
一目均衡表の雲 ⇒ 雲

一目均衡表の雲を⇒実際の雲に

そして
レート.gif ⇒ 飛行機.jpg

値動きを⇒飛行機に例えました。

このことは、先に一目均衡表(1)の解説を読まれた方ならイメージできると思います。…が

ではそもそも

雲とは何ぞや?


……


な、なんでしょう\(-o-;)/……あなたはハッキリと答えらますか?
もし答えられなかった方も、一目均衡表のこの雲が

サポート・レジスタンスの役割をする

ということは知っていると思います


……ではさらに一つ質問です\(^o^)/

なぜ雲はサポート・レジスタンスとなり得るのか?


……


知らねぇよ!そんなもん……別に、理由なんてどうでもいい(゚Д゚)/
勝てりゃぁいいんだよ、勝てりゃぁ(`□´!!)

と言う方……とりあえずここは、グッとこらえて下さい。あくまで“お・ま・け的解説”ですから\(^△^;)/


なぜ一目均衡表の“雲”は
サポート・レジスタンスとなり得るのか?

そもそも、「なぜ雲がサポート・レジスタンスの役割をするのか?」、こんなことにこだわる理由……それは、今後FXトレードをしていく中、5年、10年と長い目で見た場合、理由を知らずしてそのテクニカル指標と末永くお付き合いすることは、とーーーーっても不安だからです\(*△*;)/

ですから、特にメインで使うようなテクニカル指標については必ず

「なぜそうなるのか?」

自分なりに把握するようにしています。ただ、あくまで自分なりであって、正規の論理的な理由などではありません。

というわけで、ここから解説する「なぜ一目均衡表の“雲”がサポ・レジになるのか?」、もゴモラパパが自分なりに、勝手に納得しているレベルであることを、まずはご了承ください。\(`△´)/

“雲”の前に一目均衡表の5本線について

では最初の質問
Q 「雲とは何ぞや?」
答えは
A 先行スパン1と先行スパン2で囲まれた部分
です


じゃあ「その先行スパンっって一体何だよぉ?」ってことになりますから

ここでは、この先行スパンも含むチャート上に描く際の
【一目均衡表の5本の線】についてあらためて見ていきます
一目均衡表の5本の線
 @ 基準線(基準値)
 …当日を含む過去26日間の最高値+最安値)÷2
 A 転換線(基準値)
 当日を含む過去9日間の最高値+最安値)÷2
 B 先行スパン1
 転換値+基準値)÷2を当日を入れて26日先に表示
 C 先行スパン2
 …当日を含む52日間の最高値+52日間の最安値)÷2を当日を入れて26日先に表示
 D 遅行スパン
 …当日の終値を当日を入れて26日過去に表示

これなんですが

まず雲やその要素である先行スパンなど一旦忘れて
書いている内容をなーーーんとなく見てください\(゜ ゜ )/


すると遅行スパン以外に次の赤文字の部分
(高値+安値)÷2
が、この一目均衡表の各線に共通して含まれています。どうやらこれが一目均衡表のポイントであることが何となくわかると思います。

じゃぁ、もうちょっとじーーーっと見てみると\(@ @ )/
(高値+安値)÷2
    ||
ある期間の高値と安値の中間値
であることがわかると思います。

で、もう少しこれを言い換えると
(高値+安値)÷2
    ||
ある期間の高値と安値の中間値
    || 
ある期間のレンジの真ん中
かなりイメージできるようになってきたと思います

さらにここ一気に簡単に言い換えます
(高値+安値)÷2
    ||
ある期間の高値と安値の中間値
    ||
ある期間のレンジの真ん中
    ||
ある期間で売り買いの勢力が最も均衡しているポイント
    ||
ある期間で売り買いのバランスがとれているところ


……


かなり思い切って言い換えましたが、所詮、相場の実態など数値で置き換え切れるわけはなく、このくらい思い切った解釈がちょうどいいでしょう\(^△^)/


そもそも一目均衡表とは、『値動きは時間とともに売り買いの均衡(バランス)が崩れた方向に動き、また崩れた均衡(バランス)は、時間とともに元に戻る』、という考えから作られており、ここで見てきた一目均衡表の5本線の解釈などからも

一目均衡表のキーワードはズバリ

均衡(バランス)

であり、そのバランスが

一目でわかりますヨ!\(^△-)/

という指標であることがわかります。……まぁ名前そのまんまですが(笑)


……


当たり前すぎるんじゃーー!(゚Д゚)/
そ、そんなこと知っとるわい!(`□´!!)

と言う方……とりあえずここは、グッとこらえて下さい。あくまで“お・ま・け的解説”ですから\(^△^;)/


これらをふまえて、もう一度この【一目均衡表の5本の線】について
この一般的な解説を思いっきり言い換えます。

ゴモラパパの一目均衡表の解釈

一目均衡表の5本線
 @ 基準線
 …中期的に売り買いのバランスがとれているところ
 A 転換線
 …短期的に売り買いのバランスがとれいているところ
 B 先行スパン1
 …短期を重視したより正確な中期的バランスがとれているところを、未来に表示
 C 先行スパン2
 …長期的にバランスがとれているところを、チャート上で未来に表示
 D 遅行スパン
 ラインチャートを、過去に表示したもの

どうでしょう!?よりイメージがわいてきましたか?\(@▲@)/

ちなみに、一目均衡表の設定日数は、デフォルトで26日や9日となっていますが、これらは
  • 9日  …… 一週間の目安 ⇒ 短期
  • 26日 …… 一か月の目安 ⇒ 中期
  • 52日 …… 二か月の目安 ⇒ 長期
と、とらえています。

要するに一目均衡表のチャートに描く5本線からは、短期・中期・長期といった異なる時間の相場のバランスを見ることができるようになっているわけです。

ではここから実際に、“先行スパン1”と“先行スパン2”からなる“雲”に絞って見ていきます

一目均衡表の雲はシーソー!?

ここまでの一目均衡表の解釈から
先行スパン1とは……中期的に見て売り買いのバランスがとれているところ
先行スパン2とは……長期的に見て売り買いのバランスがとれているところ
そしてこれら2つを、チャート上で少し未来(26日先)に示したモノが雲だということはイメージできると思います。

で、ここからは言葉での解説に限界を感じるので
少し図で説明します。あくまでイメージでとらえて下さい\(^△^;)/


■ 先行スパン1とは

一目均衡表雲先行スパン1  一目均衡表先行スパン1


■ 先行スパン2とは

一目均衡表雲先行スパン2  一目均衡表先行スパン2

一目均衡表の雲の形作る先行スパン1と2は

丁度シーソーの中心部のイメージです。


相場の売り買いの力加減で、先行スパンを境に上がったり下がったりしてバランスをとっている感じです。またこのバランスを保つ力は、中期的(先行スパン1)よりも長期的(先行スパン2)なほうが、バランスを取る力が強い!ということはなんとなくイメージできるでしょうか。


さらに、雲と言うのはこの先行スパン1と先行スパン2との間にできる価格帯のことですから

■雲とは
一目均衡表雲  一目均衡表先行スパン雲


二つの中心部をもつシーソーの、その中心部分が雲

とイメージできないでしょうか。


……


……


(キ`д´)てめぇ、一目均衡表をなめてんのか!

と、一目均衡表の一目山人さんに怒られそうですが(苦笑)


 ただ、こう考えると『一目均衡表の雲はサポート・レジスタンスの役割をする』のは、あくまで結果に過ぎないことがなんとなくわかると思います。

『なぜ一目均衡表の雲は
サポート・レジスタンスとなり得るのか?』


明確に言葉で答えられませんでしたが、イメージはわかっていただけたでしょうか!?\(T△T;)/


 確かに多くの人がチャート上で一目均衡表の雲を意識するからこそ、雲がサポート・レジスタンスとなり得る、という要因も完全にない!とは言えません。がそれよりもむしろ、この雲を売り買いのバランスつまり、相場そのものとしてとらえるほうが、より大きく相場をイメージできるのではないでしょうか。


……


と、ここまで書いて何か忘れてると思ったら、雲は少し未来(26日先)に示したモノである、これについての説明を忘れてました^^;。この時間差を使うところが一目均衡表のミソなんですが……これについて一目均衡表のおまけ(2)〜雲の種類で少しふれたいと思います。


以上、


恋なんていわばエゴとエゴのシーソーゲーム〜♪
相場なんていわば売りと買いのシーソーゲーム〜♪♪


……


恋も相場も同じ

簡単なようで難しく

難しいようで簡単かな


さ、参考になったでしょうか!?\(^△^;)/
↓↓↓
為替ブログランキング
人気ブログランキング
人気fxブログランキング


ブレイクアウト関連記事〜外部サイト


にほんブログ村 トラコミュ テクニカル分析で勝負している人大集合♪へ
テクニカル分析で勝負している人大集合♪
にほんブログ村 トラコミュ ボリンジャーバンドで取引FXブログ!へ
ボリンジャーバンドで取引FXブログ!
にほんブログ村 トラコミュ 本当に使えるテクニカル指標とは!?へ
本当に使えるテクニカル指標とは!?




為替ブログ FX テクニカルトレード派へ 人気ブログランキングへ ポプログ人気fxブログランキング

この記事へのコメント
久々更新お疲れ様です^^

やっぱりゴモラパパさんの説明はわかりやすいです><
私も、一目均衡表の研究って本を買ってまで勉強したのですが、それよりもゴモラパパさんの説明のほうがわかりやすかったです!

とりあえず3つくらい応援しておきました!
Posted by ai at 2009年06月24日 21:10
aiさんどーもです
毎回どーもうまく言葉がまとまんない
ゴモラパパです\(^△^)/

なので絵でしのいでます^^;

aiさんが「わかりやすい!」と感じたのはおそらく、ゴモラパパの説明がうまいわけではなく

それまで一目などの書籍で、aiさんが自分なりに勉強してきた下地があったからだと思います

一目均衡表以外の当ブログで解説しているテクニカル全般
全てセカンドオピニオン的解説を意識して書いてます

なので一目均衡表というものを初めて勉強される初心者の方がゴモラパパのブログで読まれたら

……
なんじゃこのふざけた解説!!ヾ(`δ´;)

となるはずです。

応援ありがとぉー!!!
Posted by ゴモラパパ このアイコンは投稿者が真の管理人である証明です at 2009年06月25日 00:27
ゴモラパパさんどもっシュウです
(´ー*`)キラーン

いつもながら非常に参考になります。
雲は普段トレードでも使用し、活用しているつもり
でしたが、そこまで深い理解をしていませんでした^^;
いやぁ、参考書いらずです。有難いです。
こうやってFXに対して真剣に取り組んでいる人の
ブログを見るだけで元気を貰えます。
ありがとうございました!
また来ます♪
Posted by シュウ at 2009年06月25日 01:16
こんにちは^^

素晴らしい記事ですね〜♪
メチャわかりやすかったです!

ブログが新しくなってから
わかりやすさに加速度がついてますねw^^
素晴らしいです☆☆

一目均衡表の設定日数の、9・26・52が
奇しくも3本線RCIの期間設定とまったく同じ!
ということを今回はじめて知りました♪

勉強になりました!

ありがとうございます☆^^
Posted by Seeya at 2009年06月26日 07:30
みなさんこんばんわ\(^△^)/
>シュウさん
いつもコメントありがとう
もうすぐ夏ですねぇ
ビールがうまい季節です
週に一度休肝日ならぬ休投日で投資パワー蓄えましょう

>seeyaさん
【9、26、52】とRCIの設定日数と同じ
そうですね、基本的にRCIと一目均衡表の雲の計算は、同じ値段の上げ下げをもとにしたダウ理論が根底にあると思います

また一日単位の高値や安値を加味するので、結果日単位の一週間や一か月などの周期を基本と考えているのではないでしょうか

ちなみにゴモラパパは一目均衡表ではデフォルト日数以外に【5、13、21、55】あたりを使っています

一週間は7日ですが取引自体は5日間です。そこから一週間単位として数字の5、またその他フィボナッチも参考にしてます

オシレータ系全般はどんな指標も過熱具合を表すので、つまり過熱とは“アンバランス”なわけで、故に“バランス”が重要になってきます

この“バランス”が黄金比やフィボナッチである、とゴモラパパは思っています

コメントありがとう
Posted by ゴモラパパ このアイコンは投稿者が真の管理人である証明です at 2009年06月26日 21:38
ゴモラパパどうもはじめまして
カリメロです^^/いやー1月からロムってたんで目が…><
私も同じような経験をしたので一人でクスクス笑ってました^^
あれは、やった人しかわかんないですよね〜
普段は、メタボ社長のところにコメント寄せてるんですが、自分なりの回帰チャンネルのブレイクアウトの手法を確立しようとやっきなってやってきました。ところが上にも書いたんですけどあまりのも昔の自分とかさなりたしかにぃぃぃ〜って思って笑っておりました(笑えないですよね)あの、資金がなくなったときの喪失感と再入金するときのもう無理はしないぞ!!って気持ちをまた思い出せました〜
Posted by カリメロ at 2009年07月04日 01:53
カリメロさんお初です\(^△^)/
記事読んでいただきありがとう

記事を読んで色々ご自分のトレードを思い出されたようで
どんなことでもいいです、カリメロさんのお役に少しでも立てたなら嬉しいです

いやーーな再入金
次回を最後にしないぞ!と意気込んでます

コメントありがとう
Posted by ゴモラパパ このアイコンは投稿者が真の管理人である証明です at 2009年07月04日 22:04
コメントの投稿
名前: ※

Mail:

URL:

コメント: ※

認証コード: ※


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122111489

この記事へのトラックバック
ページ先頭へ戻る
キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。