相場観とは

「相場観とは」のトピックス

週1FX〜きばれ初心者!テクニカル分析講座

初心者向けテクニカル分析解説一覧【ダウ理論,移動平均線,一目均衡表,ATRなど】

注目!のキャンペーン
FX投資の必勝法
キャンペーン人気ブログランキング堂々1位松下誠氏の投資セミナーを収録した“無料DVD12本セット”をプレゼント!。また祝!DVD1万人突破記念!9800円相当の“FX動画マニュアル”もプレゼント中!
FXで年収ブレイクアウトTOP > FXの悩み解決 > 相場観とは
2009/05/06

相場観とは

どもゴモラパパです\(^△^)/

今回は前回の続き、“相場観”について少し話してみます。

まず“相場観とは”いったい何でしょう?
ウィキペディア(Wikipedia)などにも、具体的に解説ページが存在しませんので


そこで、ググってみると……\(^G^)/


……



やはり、あまり具体的に取り上げる話題ではないようで
(一応それらしいページ>>相場観―いま聞きたいQ&A)


まぁ要するに、“相場観とは”何て考えている暇があったら、トレードしろ!ということでしょうか。\(^△^;)/


が、それでも投資をする上でこの言葉は避けては通れません。

よく

「……テクニカル分析を鵜呑みにせず、“相場観”で判断することが大事です……」
「……中期的に、テクニカル分析からは〇〇だが、長期的に“相場観”も考慮すれば……」
「……リスク管理が大切ですので、しっかりと“相場観”を見につけることが重要……」


などなど、明らかに“相場観”そのものなんて
誰しもが知っていること!という前提をもとにした発言が多いですが



……



一体全体……その“相場観”って


……



\(゚ロ゚ ) 何やねぇーーーーーん!?




相場観、相場観、相場観……それが大事であることはよーーーくわかった!

が、そんだけ大事なんなら、その“相場観”

それが何か?を説明してくれよぉーーー!!!\(゚ロ゚ )


と、いう人がいるかも!?しれないので\(^△^;)/
具体的にこの“相場観”について、かなり突っ込んでみたいと思います。


相場観とは

この“相場観”……ググっても具体的な解説が出てこないのは当然で、『相場観とは、こうだ!!!』っと唯一定義できるものなどなく、人それぞれ色々なとらえ方があります。
相場観とは……ファンダメンタルとテクニカルから総合して相場を見通すこと、経験からくる直観、裁量トレード、過去のチャートパターンとの比較、潜在的意識、臭い……etc

この中で、最もゴモラパパの思う“相場観”に近いのは

臭いです……\(*△*)/

が、それじゃーイメージわかないと思うので、もう少しイメージし易いものに例えると


……





ズバリ





……






……




女のカンです\(●^△^●)/


美のカリスマIKKOの「美脚革命」(初回限定生産) [DVD]


前回に続き、IKKOさん再登場ですが……(笑)

相場観とは女のカンである


相場観とは女のカン


相場観が“女のカン”これ

まさに、何となく臭うってやつです。
【例え@】〜相場観
女; 「昨日何してたの?」
男; 「えっ、べ、別に…」

あやしい……何かある……\( 一一;)/


妻; 「あなた、何だか最近疲れてるみたいだけど」
夫; 「だ、大丈夫だ!なんでもない……」

どこか体の具合でも悪いのかしら……\(・・?/


子供; 「ママぁ、ママぁ……」
母; 「いつものようにちゃんとなさい!」

今日は珍しく甘えて……身体の具合でも悪いのかしら\(・・?/
これらいわゆる“何となく感じるモノ”が
ここでいう“女のカン”であり、“相場観”と共通している
と、ゴモラパパは思うのです。


これとは逆に
【例えA】〜テクニカルやファンダメンタル
初対面の人を見て……その“服装やしゃべり方”などから

「あの人遊び人っぽくて軽薄そう!?」


夫が普段より仕事の帰りが遅く……“労働時間の長さ”から

「最近忙しくて疲れてるかも!?」


子供が普段より熱が高い……“体温の高さ”から

「風邪ひいたのかも!?」

といったような
  • 単なる見た目から想像する偏見や
  • 普段のスケジュールとの違い
  • 普段とは違った既成事実

などの判断は“女のカン”でもなんでもないでしょう。【例えA】は、いわゆる“パターン認識”や“形式的判断”といった、トレードでいうなら“テクニカルやファンダメンタル”による判断と言えます。


要するに、ゴモラパパの言う“相場観=女のカン”とは

【例え@】のように

男女や夫婦、親子間の

お互いに向き合ってきた時間
相手を想うこころがともなった“カン”

のことを指しています。


……


……


と、ここまで書いてみて
自分でも、頭がコンガラガッてきておりますが(苦笑)\(@△@;)/


つまり、女のカンとは妻のカン、そして母のカン
それらすべて

フェイスtoフェイスでこそ!(-。-)y-゜゜゜

のモノであるわけです。


さらにこれらは

向き合う“時間”、“こころ”が大きければ大きいほど

ほぼ100%に近い精度を誇るのではないでしょうか!


ここで“女のカン”=“相場観”として、少し整理してみると

  • “相場観”とは、何となく感じるモノである
  • “相場観”には、トレードに向き合う“時間”と“こころ”が必要である
  • “相場観”の精度は、トレードに向き合ってきた“時間”と“こころ”に比例する
  • “相場観”の精度は、テクニカルやファンダメンタルなどと比較にならないくらい高い

相場観を例えるなら……

 ここまで、相場観のイメージを様々な“女のカン”を例えに書いてきましたが、じゃあ、「男には“相場観”ないんかい!?」、と思われる方もいるでしょう。がそんなことはありません。男にも当然“相場観”はあるでしょう。

では“相場観”を男っぽく例えるなら





うーむ……\(・△・;)/





……





……(-。-)y-゜゜゜





ズバリ





……相場観は






刑事(デカ)のカン(-。-)y-゜゜゜



警部補 古畑任三郎 サウンドトラック Vol.2


……


まぁ、イメージとしてはこの“古畑任三郎”より

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]

 こちら『踊る大捜査線』の、いかりや長介が演じる「わくさん」ことベテラン刑事・和久平八郎の、“刑事(デカ)のカン”のほうかな!?\(^△^)/


つまり
高性能コンピュータを使った、犯人像のプロファイリングや犯罪データ
これらから判断して犯人像を割り出すこと
これらを、トレードでいう“テクニカルやファンダメンタル”とするなら

刑事としての長年のカンを頼りに
自分の足で地道な聞き込み捜査を行い、犯人を割り出していく
これこそが、“相場観”と言えるでしょう。



以上、

確かに、テクニカルやファンダメンタルはそうかもしれねぇ……しかし
相場がなぁ……何だか臭うんだよ(-。-)y-゜゜゜


応援要請\(`△´)/
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ



ここからは無駄話

番外;ゴモラパパの豆知識\(`△´)/〜科学的に見た“女のカン”

 『“女のカン”それらも全てフェイスtoフェイスでこそ!』、と書いてきましたが、そもそもフェイスtoフェイスとは、「顔と顔で向き合って」、「膝をつき合わせて」などという意味があります。「相手の“顔の表情”をきちんと確認しながら話し合ったり、間柄を築くことが大切」、という意味で使われたりします。個人的に結構好きな言葉です\(^△^)/。

 またこのフェイスtoフェイスの重要性は、科学的にも当然のことです。“表情”というものは、人間特有の情報伝達手段らしく、また人間は生まれてから死ぬまでの間、一度たりとも同じ“表情”をすることがない!と言われるほど、一つ一つの“表情”には細かな違いがあり、そこにはとてつもない情報量が詰まっているそうです。
 最近になってようやく、顔認証が可能なATMや、『笑ったこと』を確認してシャッターがおりるカメラが考案されたようですが、それでも人間の“顔の表情”が発する情報を、現代のコンピュータをもってしても、全て把握することが不可能なようです。言い換えれば、そうした膨大な情報量を含む“顔の表情”を、人間の脳は瞬時に判断するわけですから、「脳おそるべし!」、と言わざるをえません。

 こうした科学的なことからも、フェイスtoフェイスの状況で、相手の表情から“何となく”感じる“女のカン”や“刑事(デカ)のカン”などは、単なる“何となく”の一言で片づけられる代物ではなく、脳という史上最強のコンピュータが膨大な情報量からはじき出した結論である!わけです。

テクニカルやファンダメンタルといった、数えられる情報からの判断
あなたの脳が、無意識のうちにチャートから膨大な情報を読み取った上での判断

あなたならどちらを信じますか?

相場観とは、人間としての脳の可能性を信じる判断だ!ともゴモラパパは思ったりしております\(^△^)/。



“なんとなく”でポチっとお願いします\(・△・)/
↓↓↓
為替ブログ FX テクニカルトレード派へ 人気ブログランキングへ ポプログ人気fxブログランキング

この記事へのコメント
相場観=経験は確かに働くときがありますね。
本当ならリアルで本格的にトレード再開しているところですが
GWだから検証続けよっと!となり来週からこそやったります!

自信はあります。東京時間からロンドン時間を狙います。
結局東京でもLDでもNYでも見るべきポイントは同じなんです。
ただ東京時間は素直なケースも多く値動きも値幅もゆったりしていてとりやすい(そのかわり時間はNYよりかかる)と思います。

来週結果を報告にきますね。
ちなみにゴモラパパさんは今は平日はトレードではなく外で働いているのですか?

それではまた。( ̄∇ ̄+) キラキラキラ〜♪
(シュウさんに許可をもらったので。このマーク素敵ですよね。)
Posted by mit- at 2009年05月07日 14:10
mit- atさんこんばんわ\(^△^)/
いつもいつもコメントありがとう!

実はゴモラパパも、本格的ではないですが
来週明けからトレード地味に開始する予定です

東京時間からロンドン時間ですかぁ
ゴモラパパは最も苦手の時間です\(^△^;)/

今は、脱専業トレーダーで普通にお仕事しております
兼業として再度チャレンジです

少し相場に安心感が戻りつつあるかなぁと感じてる今日この頃……
来週が楽しみです
Posted by ゴモラパパ このアイコンは投稿者が真の管理人である証明です at 2009年05月08日 21:16
コメントの投稿
名前: ※

Mail:

URL:

コメント: ※

認証コード: ※


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118755229

この記事へのトラックバック
ページ先頭へ戻る
キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。