損切りの方法(1)

「損切りの方法(1)」のトピックス

週1FX〜きばれ初心者!テクニカル分析講座

初心者向けテクニカル分析解説一覧【ダウ理論,移動平均線,一目均衡表,ATRなど】

注目!のキャンペーン
FX投資の必勝法
キャンペーン人気ブログランキング堂々1位松下誠氏の投資セミナーを収録した“無料DVD12本セット”をプレゼント!。また祝!DVD1万人突破記念!9800円相当の“FX動画マニュアル”もプレゼント中!
FXで年収ブレイクアウトTOP > FXの悩み解決 > 損切りの方法(1)
2009/02/26

損切りの方法(1)

どもゴモラパパです\(`△´)/

今回は、現在ゴモラパパがもっている“トレーダーとしての大いなる武器”を紹介します。
※損切りがうまくできない方向けの内容となっており、「損切りなんて今さら」、といった脱初心者トレーダーさんはスルーしてください。


ではいきます\(`△´)/

ゴモラパパのトレーダーとしての大いなる武器とは?





……





それはズバリ





……





……





1、2分先の未来が見える\(@△@)/


2009y04m30d_233223933.gif
NEXT [DVD]


俺にも見える、1、2分先の未来が……\(@ @)/


……


若干アバウトですが^^


……


と、は冗談さておき
ズバリ、トレーダーとしての武器とは


……


Passion&Respect

パッション&リスペクト!!! \(`▲´)/






……





これは冗談ではありません\(^△^;)/。

まあ、意味もなく英語で書いてみましたか、要するに“情熱と敬意”です。


この“情熱と敬意”、それぞれもちろん

マーケットへのモノです\(・△・)/


……


……


何だか、うさん臭い話になってきましたが(苦笑)、もう少し続けます


今回のタイトルは『損切りの方法(1)』ですが

ゴモラパパにとって最大の武器

このPassion&Respectのうち

リスペクト……つまり“マーケットの敬意”のしるしこそが

“損切り”なのです\(^▲^)/






……





……





サ、サーーーぁっと、引いていく空気を感じますが\(^△^;)/

 とにかく、マーケットつまりFXに賭けるその“情熱”と、マーケットへの敬意のしるしである“損切り”の二つこそが、負け続けている今でもゴモラパパにとって、何の迷いもなく自信をもてる“トレーダーとしての唯一の武器”であるわけです(これしかありません……涙)

 で、“情熱”の話をしても誰も聞いてくれそうにないので、今回は『損切りの方法(1)』として、Respect(リスペクト)について、二回にわけて話してみようと思います。

  • 損切りの方法(1)……「損切りができない、しない!」方への話
  • 損切りの方法(2)……「損切りをどこにどれくらいのpipsでするか?」の話


損切りとは

 まず、まともな“損切り”の話をします。たまに初心者の方で、ロスカット混同されていたりしますので、少しマジメに書いておくと
損切りとは……ストップロスといい、1回のトレードに対し、負けを認め撤退するポイント(金額)のこと。事前に決めておくのがベスト!

ロスカットとは……FX会社から、資金が少ないし、もうトレード止めてください!というポイントのこと。トレーダーが自分でコントロールする損切りとは全く別モノ。

で、“損切り”色々言われます。

損切り=コスト

これは、ゴモラパパがFXを始め、最初に学んだトレーダーである“松下誠さん”から教わりました。とっても的を得ているいい言葉です。会社やお店の経営などと同じで、儲けるためには必ずかけなければならない経費、というわけです。少し言い換えると

偶然の負けでなく、必然の負け
ただ負けるのでなく、勝つために負ける

こんな感じでしょうか。それ以外にもよく損切りを

トレードの生命線
負けトレーダーの共通点(損切りができない)

などと言われます。


 とまぁ、この“損切り”、資金・リスク管理の重要性という意味で、必ずと言っていいほど多くのトレーダーが「大事だ大事だ!」と言っています。なので、その点について、これ以上はここでは話しません。
 また、『なぜ損切りができないのか?』、色々心理面からも、トレーダーの損切りできない理由はあるみたいですが、それもここでは省きます。


で、ここからは、そうした“損切り”の重要性をある程度知っているけれど

「それでもできない!」、と悩んでる
「大事と思えない!」ので、やるつもりがない


そんな方にチョット読んでもらったら、と思います。(チョットウザい話かもしれませんが)


↓損切りができない、しないあなたへ

何だか“損切り”がしたくなる

よくトレードをサーフィンに例えて
  • マーケットが海
  • 波がトレンド
波に乗る=トレンドに乗るなどと表現されます。そこで…

\(^△^)/質問; 「サーファーにとって、最も大切なことってなんですか?」

  サーファー 答え;「海をリスペクトすることさ!!!」


く、クサ過ぎる、こんなこと言うヤツほんとにいるのかよーーー!?、という突っ込みあるかもしれませんが、確かに、ゴモラパパなんかが言ってしまったら、単なる失笑で終わってしまいます。


そこで、突然ですがここで

伝説のレジェンド・サーファーこと

“ジェリー・ロペス”の名言を一部紹介します。

〜教えを請いに来た若いサーファーに語った言葉〜

「海に入ったらメディテーション(瞑想)をしろということ」

「完全な“リスペクト”で波に向かうこと」

「謙虚な姿勢で臨むこと」

「流れに自分を委ねること」

「このプロセスにエゴを入れ込まないこと」

「ただ心を開いてパイプラインのパワーを自分の中に取り込みそれとひとつになるんだ」

「今日、お前は自分自身をマスターしたはずだ。それこそが真の勝利なんだよ」


<引用;シンクロニック・ダイアリー 画像;壁紙Linkより>

この言葉だけで見れば、まるで彼はトップトレーダーと錯覚してしまいます。
確かに、海もマーケットも同じ波に乗るなら、基本は変わらないのかもしれません。


で、ゴモラパパの“損切り”ですが

損切り=マーケットへのリスペクト(敬意)

これと、先に挙げたジェリー・ロペスの言葉の

「完全な“リスペクト”で波に向かうこと」

「謙虚な姿勢で臨むこと」


……


……


何か、見えてきましたか!?



ではもう少し、“損切り”をこんな風にとらえるのはどうでしょう。

毎回毎回、新規エントリーすると同時に、

「よろしくお願いしまっス!!」と言って、損切り注文を入れる。

謙虚なトレーダーとして、“マーケットへのあいさつ代わり”です\(`△´)/


 確かに、トレードにおいて“損切り”は、資金・リスク管理の面からも、非常に重要です。ただ、そうしたことをふまえて、「“損切り”をしないといけない!」、と思ってもなかなか難しいかもしれません。


そうしたとき

“損切り”をしないといけない!から
なんとなく“損切り”をしてみたくなる、してみようかな!?

そんなとらえ方もありかな!?と\(`△´)/


確かに、“損切り”は悩むもんです。だってお金が減りますから
でも、それ以外でもっと悩みます。だってお金を増やしますから

お金が減るよりも、増やすことに悩むようになります(正確には増えないこと)

単に“損切り”を痛い!と頭を抱えるのでなく
“損切り”ができない!と頭を抱えるあなたには

もっと先へ進んで欲しいと思います。


少しばかり偉そうなこと書いちゃいましたが\(^△^;)/
もし、“損切り”の意味や理由、するorしない、といったことで悩んでたり、立ち止まって考えてるなら


完全な“リスペクト”でマーケットに向かってみませんか?


以上、チョット抽象的な話になりましたので、次回『損切りの方法(2)』では、より具体的な、『どこに、どれくらいのpips幅で“損切り”を入れるのか?』、といったことを書いていきたいと思います。



  • 損切りの方法(1)……「損切りができない、しない!」方への話
  • 損切りの方法(2)……「損切りをどこにどれくらいのpipsでするか?」の話



溺れかけのサーファーですが、応援してください\(+△+)/
↓↓↓
為替ブログ FX テクニカルトレード派へ 人気ブログランキングへ ポプログ人気fxブログランキング

この記事へのコメント
コメントの投稿
名前: ※

Mail:

URL:

コメント: ※

認証コード: ※


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページ先頭へ戻る
キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。